会社設立の手順について、詳しく丁寧に解説するサイト『会社設立!何からやればいい?』
会社設立の手順について、詳しく丁寧に解説するサイト『会社設立!何からやればいい?』

会社設立をするにはいろいろと手続きが必要です
会社を設立するにはどのような手順を踏んで手続きをするのか、初めて会社設立をされる方
は何から手をつけていいのか悩んでしまうことと思います。
手続きをするのに必要なもの、決めておく事項がいくつかあります。
会社設立の手続きには、公証役場と法務局が大きく関わってきます。
最終的には法務局で登記申請をすることで、会社は法的に成立します。
ここでは会社設立の手順について説明いたしますので大まかな流れをつかんでください。
税理士にアドバイスを受けながら進めるのが確実で、
設立後の税務相談・会計相談もできますので安心できるかと思います。

 

基本事項

検討するべき事項は、発起人・商号(社名)・事業目的・本店所在地・発行可能株式総数・資本金・株の価額・取締役・事業年度などがあります。

事業目的

会社とは定款で決めた事業目的の範囲内でしか営業活動を行なうことができないので、今後行なう可能性がある事業内容は会社設立の時点で定款に盛り込んでおきましょう。

定款の作成

定款は会社経営に関する基本事項を定めた規約のことで、会社の憲法・会社のルールブックとも言わる重要な項目です。

出資金の払い込み

定款の認証が終わったら、発起人の口座に出資金を振り込みます。公証人の認証前に振り込んだお金は資本金とはみなされませんので注意しましょう。

商号

商号とは会社の名前のことで、会社の顔でもありこれから会社を運営していく上でも非常に重要な部分となるでしょう。

目的のルール

登録できる事業目的にもいくつかルールはあります。その目的や内容に違法性がないことは当然で、法律に違反するような内容は事業目的とすることができません。